消化器内科

当科に関するページ一覧

概要

消化器内科は、食道・胃・十二指腸・大腸などの消化管、肝臓・胆のう・すい臓などの消化器臓器全般の疾患の診断・治療をはじめ、疾病予防について様々な検査方法を駆使して行っています。具体的には、上部消化管・下部消化管内視鏡検査、腹部超音波、CT、MRI、MRCP、さらにはPET-CTによる最新の検査を迅速に行っています。
消化器疾患の内科治療は近年著しく進歩していますが、肝疾患の領域ではC型肝炎、B型肝炎の治療について新規経口薬による治療を、特にC型肝炎では治癒をめざした治療を行っています。消化管の領域では、生物学的製剤による炎症性腸疾患の治療など先進的な治療も行っています。ヘリコバクター・ピロリ感染症については、国民総除菌時代に突入し依然治療のニーズが高くなる中、当院の除菌治療成績は良好であり、除菌後のフォローアップも丁寧に行っています。

当科では、自己免疫性肝疾患である自己免疫性肝炎(AIH)、原発性胆汁性胆管炎(PBC)、原発性硬化性胆管炎(PSC)、など難病の患者様も多く、豊富な診療実績を誇っています。また、ライフスタイルの変化により社会的なニーズが高まっている機能性ディスペプシア(FD)、過敏性腸症候群(IBS)、非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)、膵疾患に対する診断治療にも積極的に取り組んでいます。

当科へのお問い合わせ
03-3402-5581(代表) 電話受付時間:日・祝を除く8:30~17:30
お問い合わせ
当院へお問い合わせはこちらから。
電話やメール、受付時間についてまとめています。