バスキュラーアクセスセンター

ご案内

血液透析を行うためには、血液を体外に取り出し、透析できれいになった血液を体内に戻さなければいけません。針を刺して血液を取り出すためには、刺しやすく血流が多い血管が必要になります。透析を始める際は、ご自身の動静脈や人工血管を使用して行う内シャント手術や動脈を直接刺しやすくする動脈表在化術などを行うことになります。その血管をバスキュラーアクセスといいます。また、その血管が詰まる(閉塞)、あるいは狭くなる(狭窄)ことがあり、時々修復する必要があります。

修復は主に風船付きの管(バルーンカテーテル)で狭くなったところを広げるPTA(経皮的シャント拡張術)という治療を行い、状況により新たにつくり直す再建術を行うこともあります。
当センターでは、PTA(経皮的シャント拡張術)や内シャント手術などのバスキュラーアクセス手術を、年間約500件、日帰り手術で行っています。バスキュラーアクセスの管理・治療は、血管外科外来(血管病センター)にて行っております(予約制)。

当科に関するページ一覧

当科へのお問い合わせ
03-3402-5581(代表) 電話受付時間:日・祝を除く8:30~17:30
お問い合わせ
当院へお問い合わせはこちらから。
電話やメール、受付時間についてまとめています。