診療内容

人工授精・体外受精胚移植(IVF-ET)・顕微授精(ICSI)・精巣からの精子回収(TESE)・卵管内胚移植(ETR)・内視鏡手術などを行っています。

体外受精胚移植(IVF-ET)

発育した卵胞から卵子を取り出し、精子と受精させて、子宮内に戻す治療のことです。月経開始後から経口薬あるいは注射薬を用いて卵巣刺激を行います。その際の方法として、ロング法、アンタゴニスト法、ショート法あるいはマイルド法や自然周期法などがありますが、当センターではいずれの方法にも対応しており、患者様それぞれの状態にあわせて適切な方法をとるように心がけています。また、胚移植の時期についても、適正胚の数や状態をみながら採卵後3日目あるいは5日目(胚盤胞)で行っています。
当センターの体外受精はすべて外来ベースで行っており、また採卵時の麻酔は専門医が担当しています。

顕微授精(ICSI)

精子の数や運動性に問題があったり、卵子の透明帯や細胞膜に問題があるなどして正常な受精過程に障害を受ける場合には、精子を極細径のピペットで卵子細胞質内に注入する顕微授精(ICSI)を行います。この手技を正確かつ円滑に行うためには、最新の設備と熟練した技量が必要となりますが、当センターではそのいずれをも兼ね備えています。

精巣からの精子回収(TESE)

精巣における造精能が不十分であったり、精子の通路が障害されていたりすると、射出精液中に精子が認められません。このような場合には、泌尿器科医と連携して精巣から直接精子を回収して顕微授精(ICSI)を行います。
また、適応があるケースでは、顕微鏡的に精巣を拡大観察しつつ、精子の採取を行うmicrodissection TESE(MDTESE)も併せて行っています。

卵管内胚移植(ETR)

体外受精や顕微授精では、通常子宮頸管から挿入したカテーテルを通じて胚移植を行いますが、これが何らかの理由で施行できない、あるいは適さない場合には、腹腔鏡を用いて卵管内に胚移植を行います。これをETRといいます。本方法では移植胚をその発育段階に則した場所に戻すので、より自然に近いといえます。

内視鏡手術

不妊治療の中核をなすのは、体外受精胚移植(IVF-ET)を中心としたいわゆる生殖補助医療(assisted reproductive technology:ART)になりますが、不妊治療の検査・治療中には、子宮筋腫や卵巣嚢腫(腫瘍の一種)などが見つかることがあります。さらに、最近増加している子宮内膜症も、骨盤腔内の癒着を高率に引き起こして不妊症の一因となります。これらの疾患に対しては、ただ単に人工授精や体外受精などを繰り返しても、必ずしも有効であるとはいえません。手術によって筋腫や嚢腫を摘出したり、癒着を解除したりすることが必要です。この際に威力を発揮するのが内視鏡手術です。従来であれば開腹して行わなければなりませんでしたが、最小限のサイズの術創で同様の手術を行えます。入院期間も短くてすみ、早期の社会復帰も可能です。
内視鏡手術には、腹壁より腹腔内へアプローチする腹腔鏡手術と、子宮頸管より子宮内腔へアプローチする子宮鏡手術とがありますが、当センターにおいてはそのいずれに対しても対応が可能となっています。腹腔鏡手術は子宮筋腫や卵巣嚢腫、卵管や骨盤内の癒着などに対して行われ、子宮鏡手術は子宮内膜ポリープや粘膜下子宮筋腫などが対象となります。いずれも熟練したスタッフが治療にあたり、良好な成績をおさめています。
当センターでは、同じスタッフが生殖補助医療と内視鏡手術を組み合わせた診療をシームレスにこなしていけるため、両領域の相乗効果が期待できます。

当センターに関するページ一覧

当センターの特徴

当センターご来院の方へ

当センターへのお問い合わせ
03-3402-3151(代表) 電話受付時間:日曜日を除く14~17時 年末年始など一部の日を除き、土曜・祝日にも予約およびお問い合わせを受け付けております。当院にご受診の患者様で緊急の場合は曜日・時間に関係なくご連絡ください。
お問い合わせ
当院へお問い合わせはこちらから。
電話やメール、受付時間についてまとめています。