検査内容

女性
  • 一般不妊検査
  • 腹腔鏡検査
  • 卵管鏡検査
  • 子宮鏡検査
  • 卵巣予備能検査
男性
  • 精液検査
  • 精子の授精能力検査
  • 男性内分泌検査
  • 精索静脈瘤検査
  • 男性不妊関連遺伝子検査

一般不妊検査

不妊症はさまざまな原因により引き起こされます。治療方針をたてるにあたっては、正確な不妊因子の把握が不可欠です。そのために行う検査としては、次のようなものがあります。

1.排卵因子の検査

超音波断層法による卵胞の発育・排卵のチェック、血中ホルモン測定による内分泌的検索を行います。さらに、卵巣予備能の重要なマーカーである抗ミューラー管ホルモン(AMH)の測定も行います。

2.卵管因子の検査

子宮卵管造影検査により、卵管の通過性や骨盤内の癒着の有無についての検索を行います。

3.男性因子の検査

精子濃度や運動率、さらには精子運動速度など、各種精子パラメータを精子自動解析装置(CASA)を用いて計測します。さらに、より精密な検査として、精子正常形態率(Kruger's Strict Criteria)やSwim-up Testといった検査で精子の授精能力を総合的に判定することが可能です。

4.免疫因子の検査

性交後試験や抗精子抗体の測定により、免疫性不妊の検索を行います。

内視鏡検査(腹腔鏡、子宮鏡、卵管鏡)

一般不妊検査だけでは不十分な場合に、内視鏡検査を行います。腹腔鏡検査は麻酔下で行い、径3mmの小さな孔を介して内視鏡を腹腔内に挿入し、子宮・卵巣・卵管や周囲の腹膜の状況をくまなく観察します。また、卵管通色素検査を行い、卵管の疎通性も調べることが可能です。子宮鏡検査は外来で行うことができ、細いファイバースコープを子宮腔内に入れて、ポリープや子宮筋腫、あるいは子宮内腔の癒着などの検索が行えます。
以上の検査は個別に行うことも可能ですが、より総合的な検査として、腹腔鏡・子宮鏡に卵管鏡検査(腹腔鏡検査時に卵管に細径の内視鏡を入れて卵 管内の状態を観察する検査)を加えた統合内視鏡検査(トリプルスコープ検査)も行っています。

男性不妊専門検査

先に挙げた一般的な男性不妊検査に加えて、内分泌検査や超音波検査、無精子症関連遺伝子検査などを行います。男性不妊専門医が患者様の状態にあわせて最適な検査を施行し、適切な治療につなげられるようにします。

当センターに関するページ一覧

当センターの特徴

当センターご来院の方へ

当センターへのお問い合わせ
03-3402-3151(代表) 電話受付時間:日曜日を除く14~17時 年末年始など一部の日を除き、土曜・祝日にも予約およびお問い合わせを受け付けております。当院にご受診の患者様で緊急の場合は曜日・時間に関係なくご連絡ください。
お問い合わせ
当院へお問い合わせはこちらから。
電話やメール、受付時間についてまとめています。