交通アクセス お問い合わせ ENGLISH IUHWグループ 山王メディカルセンター
ご来院される方へ

人工透析センター

ごあいさつ

人工透析センター 専用フロアを設け、他部門から独立した落ち着いた雰囲気のなかで、治療をお受けいただけます。透析ベッド数は28床で最新の設備を導入、特に透析液の高度な清浄化・高品質を追及し、酢酸フリーの透析液を採用しております。
また、合併症診断のためのエコー、CT 、内視鏡検査や、内シャントなどのバスキュラーアクセス(外科手術・カテーテル治療)も、当院の「バスキュラーアクセスセンター(内シャント関連手術)」にて対応いたします。
スタッフ一同全力で安全かつ最適な医療を心がけ、皆様に安心していただける、質の高い透析治療をご提供いたします。

山王メディカルセンター
人工透析センター長
山中 朱美


透析時間のご案内

透析時間
午前 9:00-14:30
午後(夜間)
15:30-21:30

※入室時間: 午前 9:00〜10:00  午後(夜間)15:30〜17:30(15分ごとの予約制)


当センターの特長

最高の立地
交通至便で通院に便利。通勤途中での透析も可能です。
快適な環境
透析ベッドには個人用テレビを完備しています。また、プライバシーを重視される方のために、個室の用意もございます。
充実した医療体制
最新の透析機器を導入し、経験豊富なスタッフが丁寧に対応いたします。
診療部門との連携
山王メディカルセンターおよび山王病院の各診療科との連携により合併症対策も万全です。



外来医師担当表はこちら

医師案内はこちら



バスキュラーアクセスセンターのご案内

  血液透析を行うためには、針を刺して血液を体外に取り出して浄化し、再び血液を体内に戻さなければいけません。そのため、針を刺しやすく血流が多い血管が必要になります。透析を開始する際には、ご自身の動静脈や人工血管を使用する内シャント手術や、深い動脈を穿刺しやすくする動脈表在術などが必要になりますが、その血管をバスキュラーアクセスといいます。また、その血管が詰まる(閉塞)、狭くなる(狭窄)ことがあり、狭くなったところを広げるPTAという治療のほか、血管の状態により、新たにつくり直す再建術を行うこともあります。
当センターでは、内シャントやPTAなどのバスキュラーアクセス手術を、年間約500件、日帰り手術で実施しております。