HOME > ご来院される方へ > 医師のご案内 > 糖尿病・甲状腺

糖尿病・甲状腺

岸本 美也子
岸本 美也子

(きしもと・みやこ)

Miyako Kishimoto

内科部長 (糖尿病・代謝)

国際医療福祉大学 病院講師

内科(糖尿病・脂質異常症)

神戸大学卒、医学博士
前国立国際医療研究センター病院糖尿病研究部兼務糖尿病内分泌代謝科医長
日本糖尿病学会認定指導医・糖尿病専門医
日本内科学会認定内科医・内科専門医
日本医師会認定産業医
糖尿病はさまざまな合併症を引き起こす疾患であるが、その多くは生活習慣の改善とそれを支援する適切な療養指導により予防や進展抑止が可能である。糖尿病の治療として重要なのは個々の自己管理であるが、よりよい自己管理が継続して行われるよう、個人の生活状況に応じた無理のない親身な療養指導を心がけて日々診療を行っている。

田嶋 紀子
田嶋 紀子

(たじま・のりこ)

Noriko Tajima

内科(糖尿病、内分泌代謝全般)

福島県立医科大学卒、東京女子医科大学大学院修了、医学博士
元東京女子医科大学内分泌内科助手
日本内分泌学会認定内分泌代謝科専門医
日本糖尿病学会認定糖尿病専門医
日本内科学会認定内科医
内分泌代謝科専門医・糖尿病専門医として糖尿病、甲状腺疾患、脂質異常症、副腎疾患や、成長ホルモン・プロラクチンなどの下垂体疾患の診療を行う。また、一般内科における臨床経験も豊富であり、診療領域は専門分野のみならず幅広く内科全般にわたり、総合内科ともいうべき診療の範囲にある。患者様とよく相談することで、個々に最適な治療方法を選び、親身に接している。

児玉 桂一
児玉 桂一

(こだま・けいいち)

Keiichi Kodama

国際医療福祉大学 病院教授

内科(糖尿病、内分泌代謝全般)

群馬大学卒、医学博士
前カリフォルニア大学サンフランシスコ校医学部准教授
日本内科学会認定内科医
糖尿病、甲状腺疾患などの内分泌代謝系領域の診療を担当している。長年、米国で1型、2型糖尿病の最先端研究に携わり、生活習慣病の日本での臨床経験も豊富である。科学的エビデンスに基づいた治療方法を患者様に分かりやすく伝え、実践するよう努めている。