HOME > ご来院される方へ > 医師のご案内 > 消化器内科

消化器内科

足立 雅之
足立 雅之

(あだち・まさゆき)

Masayuki Adachi

内科部長(消化器)

国際医療福祉大学 病院准教授

消化器内科(消化器内科全般、抗がん剤治療)

慶應義塾大学卒、同大学院修了、医学博士
元慶應義塾大学医学部消化器内科助教
元永寿総合病院消化器内科副部長
元カリフォルニア大学サンディエゴ校内科Faculty
消化器内科全般および化学療法(抗がん剤治療)を専門にしており、きめ細かい患者様への対応と、苦しくない内視鏡検査では定評がある。最新の知見をもとに、個々のニーズにあった治療法の提供を信条にしている。

森田 重文
森田 重文

(もりた・しげふみ)

Shigefumi Morita

内科医長

消化器内科<内視鏡治療(FD:機能性ディスペプシア、IBS:過敏性腸症候群)>

獨協医科大学卒、医学博士
前東京医科大学消化器内科助教
元国立がんセンター病院病理部
元慶應義塾大学病院放射線科診断部
日本消化器内視鏡学会認定指導医・消化器内視鏡専門医
日本消化器病学会認定消化器病専門医
日本抗加齢医学会認定抗加齢医学専門医
日本内科学会認定内科医
日本医師会認定産業医・健康スポーツ医
東京医科大学消化器内科、慶應義塾大学放射線科診断部、国立がんセンター病理部での研究や臨床経験を経て、主に消化管(食道、胃、大腸)疾患の診療に従事している。病態の理解と治療をわかりやすく説明し、患者様のよりよい生活レベルの向上をめざして、治療法の選択や栄養学的な生活指導等を行っている。

森安 史典
森安 史典

(もりやす・ふみのり)

Fuminori Moriyasu

がん局所療法センター長

国際医療福祉大学 病院教授

消化器内科(肝胆膵疾患全般)

東京医科大学名誉教授
京都大学卒、医学博士
前東京医科大学臨床医学系消化器内科学主任教授
前東京医科大学病院消化器内科科長
日本消化器病学会認定指導医・消化器病専門医
日本肝臓学会認定指導医・肝臓専門医
日本内科学会認定内科医
消化器疾患、特に肝胆膵疾患の腫瘍性疾患の診断と治療を専門としている。治療面では長年低侵襲治療を研究している。肝がん、膵がんの超音波診断と局所治療を専門とし、肝がん、膵がんのナノナイフ治療を日本で最初に導入している。当院でもがん局所療法センター長として、これら局所治療の診療にあたっている。

井上 淳
井上 淳

(いのうえ・じゅん)

Jun Inoue

非常勤
消化器内科(内視鏡治療、内科疾患全般)

東邦大学卒、医学博士
元慶應義塾大学伊勢慶應病院内科助手・内視鏡室長
日本消化器内視鏡学会認定指導医・消化器内視鏡専門医
日本内科学会認定総合内科専門医
日本消化器病学会認定消化器病専門医
日本医師会認定産業医
消化器内科医として上下部消化管、胆道系の内視鏡診断や画像診断、内視鏡治療を行うとともに、ウイルス性肝炎や肝硬変、肝がん、アルコール性肝障害、脂肪肝などの肝疾患や胆のう・膵臓疾患の治療に心血を注ぐ。一般内科医としても、高血圧症や糖尿病をはじめとする慢性疾患や生活習慣病、内科疾患などを幅広く診療している。

岡 勲
岡 勲

(おかざき・いさお)

Isao Okazaki

国際医療福祉大学 病院教授
非常勤
消化器内科(肝疾患)

慶應義塾大学卒、同大学院修了、医学博士
前東海大学医学部公衆衛生学教授
元産業医科大学第一内科助教授
元慶應義塾大学医学部消化器内科専任講師
日本消化器病学会認定消化器病専門医
日本肝臓学会認定肝臓専門医
日本内科学会認定内科医
肝疾患などの消化器病学を専門としている。C型慢性肝炎やアルコール性肝障害の終末像である肝硬変は、肝臓が「硬くなる」もとである線維が蓄積して肝不全、食道静脈瘤の破たん、肝がんに進行するが、この線維を分解する酵素を発見し、これを誘導することを中心に研究と臨床に携わってきた。非アルコール性脂肪性肝疾患はメタボ関連で近年増加しており、その治療とがん予防に専念している。

飯塚 文瑛
飯塚 文瑛

(いいづか・ぶんえい)

Bunei Iizuka

非常勤
消化器内科<(潰瘍性大腸炎・クローン病・ベーチェット病)の診断・患者指導、消化管内視鏡(胃・大腸内視鏡)、機能性胃腸障害(過敏性腸症候、逆流性食道炎など)>

東京女子医科大学卒、医学博士
東京女子医科大学消化器内科・消化器内視鏡科准講師
NPO法人日本炎症性腸疾患協会(CCFJ)副理事長
元東京都立豊島病院、元社会保険山梨病院
日本内科学会認定内科医
日本消化器病学会認定消化器病専門医
日本消化器内視鏡学会認定消化器内視鏡専門医
日本医師会認定産業医
主に胃腸疾患(機能性、炎症性、腫瘍性異常)を診療している。鑑別困難、難治性などの理由で有効な治療に出合えていなかった方にも、病態把握と適切な治療の導入により症状の軽快消失を図り、再燃・再発防止、再燃時対策指導をしている。治療方法はオーソドックスだが、独自のUC手帳(潰瘍性大腸炎用手帳・厚生労働省版)・CD手帳(クローン病用手帳・日本炎症性腸疾患協会版)の導入、便潜血検査の頻用、漢方薬併用など、さまざまな工夫で患者様の不安・苦痛からの解放に努めている。