HOME > ご来院される方へ > 医師のご案内 > 産婦人科

産婦人科

大柴 葉子
大柴 葉子

(おおしば・ようこ)

Yoko Ohshiba

副院長

国際医療福祉大学 病院教授

産婦人科(周産期医療)

東京医科歯科大学卒
慶應義塾大学医学部非常勤講師
日本産科婦人科学会認定指導医・産婦人科専門医
母体保護法指定医師
大学卒業後、慶應義塾大学産婦人科学教室に所属。また、都内の国立病院では悪性疾患、救急診療も含めた幅広い婦人科診療に携わった。米国留学時は一般診療を任されるとともに、Pelvic Painを専門とする教授に師事、年間執刀手術数は悪性良性を含めて100件以上という経験を持つ。産科領域では母児安全を最優先としながら、妊産婦様が主体的にお産できるように配慮している。また、合併症のある産科症例の経験も豊富。年間分娩数が約2,000件という病院での勤務経験を生かし、職業人、そして母としての細かいアドバイスを、これから母となる方々にご提供している。女性の立場に立ち、十分なインフォームドコンセントを踏まえた産婦人科の診療を行うよう心がけている。

隶罅〕媚
隶罅〕媚

(はまい・ようこ)

Yoko Hamai

産婦人科部長

国際医療福祉大学 病院准教授

産婦人科(周産期医療)

三重大学卒、東京大学大学院修了、医学博士
前東京警察病院産婦人科副部長
元関東中央病院
元東京大学医学部附属病院
日本産科婦人科学会認定産婦人科専門医
医学生時代に見た一件のお産をきっかけに、産婦人科の世界に入った。以降、出産に生涯を捧げてきたといっても過言ではなく、分娩途中で異常になりかけた経過を正常に戻し、最終的には経腟分娩にもっていくことをライフワークとしている。生まれたお子さんに数年経ってお逢いするのが何よりの喜びである。
お子さんの誕生日は、産んでくれたお母さんに感謝する日だと考えている。妊娠・出産という一大イベントを、患者様と一緒にがんばってサポートできる存在でありたいと考えている。

今西 由紀夫
今西 由紀夫

(いまにし・ゆきお)

Yukio Imanishi

産婦人科(周産期医療)

国際医療福祉大学 病院教授

東京大学卒、医学博士
前東京警察病院副院長
元関東中央病院産婦人科部長
元山梨医科大学産婦人科講師
元東京大学医学部附属病院
出産は太古の昔から繰り返されてきた生物の営みであり、多くの女性にとって生涯の一大イベントである。私たちは、それに対してお手伝いをする存在であると認識している。昨今は帝王切開が増え、手術だけなら外科医で十分であり、事を終えることができる。すべて経腟分娩にこだわる訳ではないが、できるかぎり納得のいく、周囲に喜ばれる分娩をめざして日々努力していきたいと考えている。

箕浦 茂樹
箕浦 茂樹

(みのうら・しげき)

Shigeki Minoura

非常勤

産婦人科(産婦人科全般)

東京大学卒、医学博士
首都大学東京非常勤講師
中林病院助産師学院非常勤講師
前国立国際医療研究センター中央検査部長兼産婦人科長
日本超音波医学会認定指導医・超音波専門医
日本産科婦人科学会認定産婦人科専門医
日本分娩監視研究会会長
大病院の産婦人科の責任者を30年近く務めてきた経験を生かして、あらゆる疾患に対して丁寧な診察を心がけている。分娩は助産師と協働で、妊婦様の産む力を引き出し、できるだけ介入を減らした自然分娩を実践してきた。山王バースセンターでも、できるかぎり妊婦様のお役に立ちたいと考えている。