HOME > ご来院される方へ > 医師のご案内 > 腎臓内科

腎臓内科

竹中 恒夫
竹中 恒夫

(たけなか・つねお)

Tsuneo Takenaka

内科部長(腎臓内科)
メディカルクラブ担当部長

国際医療福祉大学 医学部教授

腎臓内科(ネフローゼ症候群、腎機能障害、糖尿病性腎症、慢性腎不全、急性腎不全、人工透析)

慶應義塾大学卒、医学博士
北里大学客員教授、慶應義塾大学訪問教授
前埼玉医科大学腎臓内科准教授
日本腎臓学会認定指導医・腎臓専門医
日本透析医学会認定指導医・透析専門医
日本高血圧学会認定指導医・高血圧専門医
日本内科学会認定総合内科専門医
タンパク尿・腎不全・高血圧・多発性のう胞腎などの腎臓内科領域を担当する。ネフローゼ症候群等の疾患から人工透析まで臨床経験は数多く、多岐にわたる。患者様とご家族の十分な理解を得て、最善の治療方針を決めている。加えて、全身疾患や合併症が疑われる場合には、院内で他科との連携も図っている。