HOME > ご来院の方へ > 診療科のご案内 > 消化器内科

消化器内科

消化器内科は、食道、胃、十二指腸、大腸などの消化管、肝臓、胆のう、すい臓などの消化器臓器について、良性疾患と悪性腫瘍、急性疾患や慢性疾患など、多岐にわたる疾患の診断・治療さらに疾病予防を行っています。
検査方法もさまざまで、上部消化管・下部消化管内視鏡検査では、患者様の負担軽減も重視し、定評をいただいています。また、腹部超音波、CT、MRI、さらにはPET-CTによる最新の検査を迅速に行っています。
消化器疾患の治療は近年著しく進歩しており、肝疾患ではC型肝炎、B型肝炎の治療は新規経口薬による治療、特にC型肝炎では治癒をめざした治療を実践しています。消化器領域では、分子標的薬を含めた消化器がんの化学療法、生物学的製剤による炎症性腸疾患の治療などの先進的な治療を実践しています。自己免疫性肝疾患である自己免疫性肝炎(AIH)、原発性胆汁性肝硬変(PBC)、原発性硬化性胆管炎(PSC)などの希少疾患の患者様も多く、診療経験が豊富です。
また、ライフスタイルの変化により社会的なニーズが高まっている機能性ディスペプシア(FD)、過敏性腸症候群(IBS)、非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)に対する治療にも積極的に取り組んでいます。ヘリコバクター・ピロリ感染症についても、国民総除菌時代に突入し、依然治療のニーズが高くなる中、当科では良好な除菌治療成績を持ち、除菌後のフォローアップも丁寧に行っています。
先進的な治療のみならず、患者様お一人おひとりの価値観にあわせて、できるかぎり生活の質を落とさずに治療を続けられるよう、当院ならではの落ち着いた環境で日々診療を行っています。

対象疾患

食道炎、胃食道逆流症、食道潰瘍、食道癌、食道アカラシア、食道裂孔ヘルニア、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、慢性胃炎、機能性ディスペプシア、急性胃粘膜病変、蛋白漏出性胃腸症、胃癌、胃MALTリンパ腫、大腸癌、イレウス、虫垂炎、潰瘍性大腸炎、クローン病、過敏性腸症候群、感染性腸炎、腸結核、腸ベーチェット、大腸憩室症、脂肪肝、急性肝炎、慢性肝炎、肝硬変、肝癌、非アルコール性脂肪性肝炎、原発性胆汁性肝硬変、自己免疫性肝炎、アルコール性肝障害、薬剤性肝障害、肝膿瘍、急性膵炎、慢性膵炎、膵癌、胆嚢炎、胆石症、胆道癌、総胆管結石 など。

次の様な症状のある方に受診をお勧めいたします

腹痛・むかつき・胃がもたれる・胸焼けがする・食物がつかえる・食欲がない・血を吐いた・血便が出る・黒い便が出る・便秘・下痢が続く・体重が減少する・白目の部分が黄色い・発熱がある・体がだるい・背中に痛みが続く など。