HOME > ご来院の方へ > 診療科のご案内 > 一般消化器外科

一般消化器外科

消化管(胃、食道、小腸、大腸、直腸)の良性・悪性疾患や、胆石、胆嚢ポリープ、炎症性腸疾患、鼠径ヘルニアなどの診療をしています。内視鏡や腹腔鏡を用いた低侵襲(身体への負担が少ない)の手術を行い、入院日数をできるだけ短くするよう努めています。

また上部消化管・下部消化管内視鏡検査、内視鏡治療、腹腔鏡手術等も行っております。便秘・排便障害等に対しては、排便機能を客観的に評価した上で「保存方法」、「バイオフィードバック治療」、「手術療法」を使い分けております。
気になる症状等がございましたら、一度、外来へご相談下さい。

対象疾患

  • 消化管(胃・食道・小腸・大腸・直腸)の良性・悪性疾患
  • 胆石・胆嚢ポリープ
  • 肛門疾患(痔・痔ろう・痔核(イボ痔)・裂肛・脱肛・排便障害)
  • 炎症性腸疾患
  • 鼠径ヘルニア

主な診療内容

  • 胃癌・大腸癌手術
  • 術後フォローアップ
  • 胃癌・大腸癌化学療法
  • 悪性疾患に対する外来科学療法
  • ヘルニアに対するメッシュプラグ法を用いた手術
  • 痔核に対するPPH手術
  • 腹腔鏡下手術(胆石症・大腸腫瘍等)
  • 内視鏡手術(ポリープ切除・粘膜切除
  • 排便機能検査