HOME > ご来院の方へ > 診療科のご案内 > 神経内科

神経内科

循環器や消化器の診療に内科と外科があるように、神経疾患(脳、脊髄、末梢神経)の診療も神経内科と脳神経外科があり、その内科的な側面からの臨床が神経内科の専門分野です。脳卒中、脳血管障害などの急性疾患の他、認知症、パーキンソン病に代表される神経難病などの慢性疾患まで、対象領域は多岐にわたります。

対象疾患

  • 頭痛(片頭痛、緊張型頭痛など)
  • 脳血管障害(脳梗塞、脳出血、一過性脳虚血発作 など)
  • 認知症(アルツハイマー病 など)
  • パーキンソン病
  • 炎症性疾患(髄膜炎、脳炎 など)
  • 末梢神経疾患(顔面神経麻揮、四肢の末梢神経障害 など)
  • 筋疾患(多発性筋炎 など)

ほか、多発性硬化症、重症筋無力症、筋萎縮性側索硬化症、脊髄小脳変性症、てんかんなどを扱います。
頭が痛い、めまいがする、身体の動きが悪い、しびれがある、ふるえる、意識に異常がある、知能に障害がある、などの症状のある方に受診をお勧めします。

主な診療内容

  1. 詳細な問診
    詳細な経過の把握がこの分野の診療には非常に重要です。
  2. 神経学的診察
    心臓・肺の聴診や腹部の触診・聴診以外に、神経系を評価する多くの専門的診察法があります。
  3. 画像診断
    CT・MRI・脳血流シンチグラムなどの画像検査を行なうことによって、脳内の詳細な情報を得ます。
  4. 電気生理学的検査
    脳波などで神経の電気現象を詳細に分析します。
  5. 他科との連携
    必要に応じ、内科の他の専門領域、脳神経外科、精神科、整形外科、耳鼻咽喉科、眼科、泌尿器科、皮膚科などとの幅広い診療連携を行ないます。
  6. 治療
    投薬、リハビリテーション、生活指導などによる内科的治療を行ないます。