HOME > ご来院の方へ > 診療科のご案内 > 整形外科/リウマチ科

整形外科/リウマチ科

日本医科大学、慶應義塾大学より著名な医師を迎え、専門的な疾患から一般整形外科診療まで幅広く対応できる、総合的な診療体制で運営しています。

整形外科が扱う運動器(背骨、手足、いろいろな関節)の障害は、日常生活動作の悪化に直結しており、患者様お一人おひとりの病態や生活にあわせた専門的・適切な治療が求められます。

当院整形外科は、スポーツ傷害や専門的な手術を要する疾患から、日常生活でのちょっとした不具合や加齢による各部位の疾患まで、施設・スタッフともに充実したリハビリテーション環境のもと、最新の知識に基づき丁寧に対応いたします。特に、手外科、リウマチ、肩については専門外来を開設し、より高度な医療に力をいれています。

対象疾患

  • 脊椎器官(脊柱・四肢・頚椎・胸椎・腰椎等)
  • 運動神経器官(肩・股・膝・足関節・靭帯・末梢等)
  • 広範囲にわたる外傷
  • 椎間板ヘルニア(頚椎・腰椎等)
  • 膝内障
  • 腱鞘炎
  • 骨折
  • 捻挫
  • 膝半月板損傷
  • 靱帯損傷
  • 関節リウマチ
  • 腰痛
  • スポーツ障害
  • 筋性斜頚
  • 先天性股関節脱臼
  • 内反足
  • 合指症
  • 多指症

主な診療内容

  1. 詳細な問診を行った上で、患者様と治療の相談をさせていただきます。
  2. 治療によってはレントゲン・CT・MRI・RI等の詳細な画像検査を行います。
  3. 当院他科および、高次医療機関との連携も行っております。
  4. 処置

    ■ヒアルロン酸膝関節内注入

    関節の老化を防ぐヒアルロン酸関節内注入を積極的に行っております。

    ■トリガーポイント注射

    腰痛・頚部痛等の痛みに対して、トリガーポイント(痛みのある部位)に直接効果のあるブロック注射を行っております。