HOME > ご来院の方へ > 診療科のご案内 > 産婦人科

産婦人科

病室(個室)

当院は「お産の山王」として知られており、産婦人科は、当院の長い歴史の中でも伝統と実績を誇る診療科です。当科での年間出産数は900件にものぼり、臨床経験豊富な産婦人科医による診療は、皆様に必ずご満足いただけるものと確信しています。

<山王病院産婦人科の特色>

自然なお産から麻酔を使ったお産まで幅広く対応

自然分娩和痛分娩計画分娩など、ご本人やご家族と相談しながら、各種分娩方法に対応し、ご希望に沿うようきめ細やかな手作りのお産を行います。

女性医師を中心とした充実の診療体制

産科診療に経験豊富な女性医師が担当医として診療しますので、安心してお産にお臨みいただけます。(妊婦健診のご案内

緊急時にも安心のバックアップ体制

夜間・休日にも対応できるよう、当直医師・オンコール医師による24時間・365日のバックアップ体制でお母様とお子様の安全をお守りします。緊急時には、手術室にて麻酔科管理による帝王切開が可能なほか、NICU(新生児集中治療室)も完備しています。

NICU(新生児集中治療室)

出生前診断については、カウンセリングから行い、その中で、NIPT検査(無侵襲的出生前遺伝学的検査)、クアトロ検査、羊水検査など、患者様のニーズにあった出生前検査を行っています。スクリーナーと専門医による精密超音波検査は全員に行われます。

ご妊娠中の「マザークラス(母親学級)」は、オリジナルテキストをご用意して、盛りだくさんかつ細やかで有意義な内容とご好評いただいています。プレママの皆様の交流の場であり、またご夫婦でも参加することができます。
臨月になるといよいよ出産が現実的になってきますが、赤ちゃんに対する心配や不安が出てくるのもこの時期です。「プレネイタル外来」では、新生児担当の小児科医が赤ちゃんとの今後について、どんなご相談でも承ります。

LDR室

ご出産は、あらかじめお一人おひとりにお伺いしたバースプランに沿って、個室の病室にて助産師が付き添います。
出産にはご家族の付き添いもできます。(ご来院の皆様へのお願い 女性の誰もが持つ分娩の痛みに対する恐怖心を解消すべく、硬膜外麻酔による和痛分娩を積極的に取り入れ、思い出に残る楽しいお産を心がけています。陣痛室・分娩室・回復室がひとつとなったLDR室(※1)の使用オプションもございます。緊急時には、設備が整っている手術室にて麻酔科管理による帝王切開が可能です。

※1 LDR室・・・陣痛室・分娩室・回復室が一体となった個室で、妊婦さんは移動することなく一つのベッド・一つの個室で過ごしていただけます。

産後は母子同室で、助産師による母乳指導・沐浴指導などを行います。お食事は洋食・和食をお選びいただけるほか、一品料理やお祝い膳などのメニューをご用意することもできます。
退院後、1か月健診までは特に大事な時期ですので、助産師による母乳外来や小児科医師による新生児外来にて、健やかな育児のお手伝いをします。
麻疹・風疹の免疫のないお母様には、次のご妊娠に備えて出産後ワクチン接種も行っています。

遺伝カウンセリング外来

2013年4月より遺伝カウンセリング外来を開設いたしました。現在は主に出生前検査についてのカウンセリングですが、今後はさまざまな遺伝性疾患についてのカウンセリングを行う予定です。また、2013年4月より多施設において、無侵襲的出生前遺伝学的検査(NIPT)の臨床研究が開始されましたが、当院も臨床研究施設として認定されました。

無侵襲的出生前遺伝学的検査(母体血胎児染色体検査:NIPT)について

山王病院では、2013年7月1日より母体血胎児染色体検査(NIPT)の臨床研究を開始いたしました。 この検査は通常の検査と異なり、遺伝カウンセリング外来(1次カウンセリング、2次カウンセリング)で内容を充分ご理解いただいたうえで受けていただきます。遺伝カウンセリング外来は診療枠が限られているため、研究に参加希望の方全員に検査を受けていただくことができない場合がありますのであらかじめご了承ください。この検査の情報は、NIPTコンソーシアム(http://www.nipt.jp/) のホームページをご参照ください。


対象となる方

胎児の染色体疾患(13、18、21トリソミー)についての検査を希望し、かつ下記(1)〜(5)のいずれかに該当する妊婦さん

  1. 高齢妊娠(分娩時35歳以上)の方
    (分娩時35歳以上、ただし、凍結胚移植による妊娠の場合、採卵時の妊婦年齢が34歳2ヶ月以上である)
  2. 染色体疾患(13、18、21トリソミーのいずれか)のお子さんを妊娠・出産した既往を有する方
  3. 胎児が染色体疾患に罹患している可能性が高いと診断された方
  4. 超音波、母体血清マーカー検査で染色体疾患リスクが高い方
  5. 両親にロバートソン転座(21/13番染色体など)がある方

※染色体疾患については、以下のサイト内の「4.主な染色体疾患の概要」をご覧ください。
http://www.nipt.jp/botai_03.html


受診方法

この検査は上記の「対象となる方」のいずれかの項目に当てはまる方に、内容を十分ご理解いただいたうえで受けていただく検査です。 遺伝カウンセリング外来にて1次遺伝カウンセリング(産婦人科専門医)と2次カウンセリング(遺伝専門医・遺伝カウンセラー)を受けていただき、その後、検査を希望される方に実施(採血)いたします。

いずれのカウンセリングもご夫婦での参加が必須となります。
遺伝カウンセリング外来の予約方法については下記をご確認ください。


予約方法

  • (1) 当院にて分娩予約をされている方
    遺伝カウンセリング外来の予約は産科担当医が行いますので、ご希望の方は担当医にお申し出ください。
    (2) 当院にて分娩予約をされていない(他院にて出産予定の)方
  • 医療機関からのご予約のみ受け付けています(妊婦さんからの直接の予約は受け付けておりません)。
  • 研究に参加希望の方は以下の「産科ご担当医の先生へ(診療情報提供書)」(2枚)をダウンロードし、ご担当の先生から当院地域医療連携室(03-3402-3081)へ予約の電話をくださるよう依頼してください。
  • 【ご予約・お問合わせ】
    ■ 電話受付時間
      毎週火曜日の9:00〜12:00で承っております。
    ■ 電話番号
    ○ 医療機関からの予約・問合せ 地域医療連携室 03-3402-3081
    ○ 妊婦さんからのお問合わせ 山王病院代表 03-3402-3151
  • お電話いただいた後、診療情報提供書に必要事項を記入のうえ、当院地域医療連携室へFAXをお送りください。確認後、予約票を当院からFAXにてお送りします。
    なお遺伝カウンセリング外来は診療枠が限られているため、ご紹介いただいた全ての患者様をご案内することができない場合がありますので、ご了承ください。

婦人科

婦人科全般を扱っています。女性の立場に立ち、十分なインフォームド・コンセントを踏まえた診療を行っています。がんなどの検診をはじめ、健康管理、思春期相談、更年期障害など、女性の生涯全般の健康管理をお手伝いさせていただきます。

内視鏡手術、子宮動脈塞栓術、子宮頸部異形成、その他の良性疾患への対応も行っております。悪性の疑いがある場合には、高次機関への速やかな連携にて対応しています。

対象疾患

  • 婦人科良性疾患
  • 婦人科検診