HOME > ご来院の方へ > 診療科のご案内 > リプロダクション・婦人科内視鏡治療センター

リプロダクション・婦人科内視鏡治療センター



国内有数の技術と実績を誇る不妊治療専門スタッフを擁するリプロダクション・婦人科内視鏡治療センターは、最新の設備で検査・治療を行える体制を備えています。
現在、10組に1組の夫婦が不妊に悩んでいるといわれています。不妊の原因は多種多様であり、適切な検査を行い、何が原因なのかを十分に調べたうえで有効な治療を行う必要があります。
当センターでは、お一人おひとりの症状にあわせた最先端の治療を、ご本人と相談しながら親身に進めてまいります。
当院では、不妊でお悩みの方のために、最先端の不妊治療を行う「リプロダクション・婦人科内視鏡治療センター」専用スペースを2階に設けております。このリプロダクション・婦人科内視鏡治療センターは、プライバシーを守れるように待合室を産婦人科とは別に設け、診察室から体外受精や胚移植後に休んでいただく部屋にいたるまで、全て個室になっております。
スタッフには、婦人科における生殖医療の権威である堤治病院長(前東京大学医学部教授、前日本産科婦人科内視鏡学会理事長)や藤原敏博センター長(前東京大学医学部附属病院講師・IVFセンター長)を柱に、数名の産婦人科常勤医師が診療にあたります。エンブリオロジスト(体外受精技師)も含め、医師・スタッフとも不妊治療のエキスパートをそろえており、皆様に安心して検査・治療をお受けいただける体制を整えております。
当センターは、年中無休(年末年始を除く)で、あらゆる不妊に関するご相談に応じますので、どうぞお気軽にお尋ねください。

※リプロダクション・婦人科内視鏡治療センターを初めて受診される方(初診の方)および堤院長、藤原センター長の診療をご希望の方は完全予約制となります。

<電話受付時間:日曜日を除く14〜17時>
年末年始など一部の日を除き、土曜・祝日にも予約およびお問い合わせを受け付けております。
当院にご受診の患者様で緊急の場合は曜日・時間に関係なくご連絡ください。