HOME > ご来院の方へ > 診療科のご案内 > 泌尿器科

泌尿器科

泌尿器疾患および男性生殖器の疾患を診療しています。具体的には腎臓結石、尿管結石、血尿、膀胱炎、排尿障害、尿失禁、過活動膀胱、前立腺肥大症、尿道炎などの病気や症状を対象としています。腎臓がん、前立腺がん、膀胱がんなどの早期発見、治療にも取り組んでいます。
次のような症状があれば泌尿器科での受診をおすすめします。

  1. 尿の出方に異常がある方。例えば尿が出にくい、尿の回数(特に夜間)が多い、尿が漏れる(尿失禁)、尿に血が混じる(血尿)、排尿時の痛み、残尿感などの症状に対する診断と治療を行います。
  2. 前立腺肥大症などによる排尿障害の診断と治療を行います。
  3. 血尿や腎臓のある背中やわき腹(側腹部)の痛みは腎結石か尿管結石の恐れがあります。
  4. 他に症状がなく、健診で尿潜血を指摘された方や、尿に血がまじる(血尿)方の検査や診断を行います。
  5. 真性包茎で手術をご希望される方。
  6. 尿の濁りや排尿時の痛み、分泌物の増加などがある場合。
  7. 精液検査をご希望の方。
  8. 最近増加している前立腺がんの診断と治療(ロボット手術を含む)を行います。また健診などでPSA(前立腺特異抗原)の異常を指摘された方などもご受診をおすすめします。

そのほか泌尿器科で扱う病気は成人病として高齢者に発症するものが多くあります。これらは進行するまでは通常の診察や検査方法では発見しにくいものがあり、中高年の方は−度は泌尿器科の専門的な検査や画像診断などで精密検査を受けることをおすすめします。
また、腎不全の人工透析については、山王病院の関連施設である山王メディカルセンターと連携しています。

対象疾患

  • 膀胱炎
  • 血尿
  • 尿失禁
  • 神経因性膀胱
  • 過活動膀胱
  • 前立腺肥大症
  • 腎臓結石
  • 尿管結石
  • 腎臓癌
  • 膀胱癌
  • 前立腺癌
  • 精巣腫瘍
  • 包茎
  • 尿道炎

治療内容、主な検査

  1. 膀胱炎、尿道炎の診断には尿検査をします。
  2. 排尿の状態をみるために尿流測定(尿の勢いを見る)や残尿測定をします。
  3. がんの診断には各種のレントゲン検査や超音波検査・血液検査に加えて、組織の生検(組織の一部を取ってきて顕微鏡で調べる)を行うことがあります。特に前立腺がんの診断には必須です。

手術支援ロボット「ダ・ヴィンチ」による前立腺がん手術

前立腺がんは増加の一途をたどっており、2016年のがん統計予測によると男性のがん部位別罹患数で前立腺がんが最多となると予測されています。前立腺がんは、早期発見すれば根治できる可能性が高くなります。健診・人間ドック等でPSA(腫瘍マーカー)検査を受け、数値が高いようであれば早めにご受診ください。山王病院では、専門資格を持った医師が、患者さまお一人おひとりの症状や生活に合わせた治療方法をご提案し、医療・アメニティともに充実した環境で、診断・手術からその後の経過観察まできめ細やかに対応いたします。