HOME > ご来院の方へ > 診療科のご案内 > アイセンター(眼科)

アイセンター(眼科)

アイセンター(眼科)の特徴

山王病院アイセンター(眼科)は2016年4月より屈折矯正手術・白内障手術分野の世界的権威である前北里大学眼科教授(現名誉教授)の清水公也がセンター長となりました。清水の下で長年共に働いていた医師も加わり、様々な難治性白内障手術(LASIK後、過熟白内障、角膜内皮細胞減少例など)に対応可能となった他、乱視矯正やモノビジョンを取り入れた裸眼視力を追及した白内障手術を行っています。

また若い人の屈折矯正手術(近視・乱視矯正)では、LASIKにかわり、現在世界的に広まりつつある次世代屈折矯正手術であるICL(ICL KS-AquaPORT)治療を中心に行っています。この最新のICLは当センター長の清水公也医師が2007年に開発したもので、ICLインストラクターの資格を持つ五十嵐医師とともにこの分野は国内で最も豊富な経験をもっています。ICLの導入により(動画参照)、従来の方法では対応が難しかった強度近視・角膜が薄い眼・軽度円錐角膜眼、白内障術後の屈折補正といった治療も安全に行えるようになりました。
網膜疾患は輿水医師が中心に主に黄斑上膜、黄斑円孔、糖尿病網膜症の手術を行っています。

その他有料特殊外来として宇津木龍一医師による眼瞼下垂・美容外来が行われており、手術・注射治療をはじめ、より専門的な相談にも応じています。手術以外でも、眼科一般や人間ドックの2次検査等の診療も行っています。

山王病院では、高度な技術と最新の知識のもと、患者様お一人おひとりの目の状況にあわせた医療をご提供できるよう心がけています。

お問い合わせ

山王病院アイセンター(眼科)受付
03-3402-3151