ご予約・お問い合わせ 03-3402-3150 8:30-17:30(日・祝除く)

山王バースセンター

バースセンターについて about us

北川 道弘(きたがわ・みちひろ)

山王バースセンター院長 / 国際医療福祉大学教授 / 産婦人科(周産期医療、胎児診断・治療)

S160x240 photo introduction01

妊娠、分娩には少なからずリスクが存在する。
安全性を優先すると妊婦の快適性は減少し、
逆に快適性を追求するとリスクが高まる可能性が増える。
私ども産科医は母と児の二つの命をあずかっており、
この安全性と快適性を両立できればすばらしい妊娠・分娩が期待できる。
これまでの国立成育医療研究センターで培った経験を生かし、
両者を両立させるよう努力しながら日々取り組んでいる。

経歴

東京慈恵会医科大学卒、医学博士
東京慈恵会医科大学客員教授
前国立成育医療研究センター副院長・周産期センター長
NIPTコンソーシアム組織代表
米国Southern California大学分子生物学教室留学

学会活動等

日本臨床細胞学会認定指導医
日本産科婦人科学会認定産婦人科専門医
日本体育協会公認スポーツドクター
日本温泉気候物理学会認定温泉療法医

深田 幸仁(ふかだ・ゆきひと)

山王バースセンター産婦人科部長 / 国際医療福祉大学教授 / 産婦人科(周産期医療、胎児診断・治療、ハイリスク妊娠・分娩管理)

S160x240 photo introduction02

これまで勤務した総合周産期センターにて、
数多くのさまざまなハイリスク妊娠・分娩例の診療に携わり、研鑽を積んできた。
また、超音波機器を使用しての
出生前診断 (先天奇形・染色体異常・NTなど) の臨床研究も数多く手がけてきた。
これらの経験を生かし、分娩される妊婦様に安全かつクオリティの高い
オーダーメイドの医療ができるよう取り組んでいきたいと考えている。

経歴

山梨医科大学卒、医学博士
前東京都立墨東病院産婦人科部長
前東京都周産期医療協議会母体救命搬送システム検証部会委員
元山梨大学医学部臨床教授
元国立病院機構甲府病院外科系統括診療部長
元山梨医科大学医学部産婦人科学講座講師
元山梨県立中央病院総合周産期母子医療センター母性科主任医長

学会活動等

日本産科婦人科学会認定産婦人科指導医・専門医
日本超音波医学会認定超音波指導医・専門医
日本周産期新生児医学会認定周産期専門医
日本人類遺伝学会・日本遺伝カウンセリング学会認定臨床遺伝専門医
厚生労働省認定臨床研修指導医

上田 英梨子(かんだ・えりこ)

山王バースセンター産婦人科医長 / 産婦人科(周産期医療、胎児診断・治療)

S160x240 photo introduction03

周産期医療を中心に、産婦人科全般について臨床・研究に従事してきた。
患者様に安全で快適な妊娠・分娩を経験していただけるよう、
研鑽を積む努力を怠らず、常に誠意を持って診療にあたっていきたいと考えている。

経歴

東海大学卒
前東京女子医科大学産婦人科学講座助教
米国Loma Linda大学周産期生理学教室留学
元国立成育医療研究センター周産期母性医療センター
元鹿児島市立病院産 婦人科

学会活動等

日本産科婦人科学会認定産婦人科専門医
日本臨床細胞学会認定細胞診専門医
日本人類遺伝学会認定臨床遺伝専門医

大原 玲子(おおはら・れいこ)

山王バースセンター産科麻酔科医長 / 麻酔科(産科麻酔)

S160x240 photo introduction04

"痛みのないお産 無痛分娩"は母児ともにストレスを軽減することができる。
最新医学に基づいた技術により、お一人おひとりの分娩経過に寄り添った麻酔管理を行い、
安心してお産を迎えていただけるよう心がけている。
緊急事態に急変した際にも周産期チームの一員として救急管理を担い、
分娩の安全性をさらに高めているため、
安心して無痛分娩を選択していただきたいと考えている。

経歴

福岡大学卒 医学博士
元田中ウィメンズクリニック副院長
元国立成育医療研究センター手術・集中治療部
元Hospital of University of Pennsylvania, department of Obstetric Anesthesia
元Hahnemann University, Pain Research Laboratory
元広島大学医学部麻酔蘇生学教室

学会活動等

日本麻酔科学会認定指導医・麻酔科専門医

住吉 香恵子(すみよし・かえこ)

山王バースセンター / 産婦人科(周産期医療)

S160x240 %e5%8a%a0%e5%b7%a5 %e4%bd%8f%e5%90%89%e5%85%88%e7%94%9f

これまで宮崎大学産婦人科で周産期医療を中心に、診療・研究に従事してきた。妊娠・分娩のリスクを踏まえたうえで、患者様に寄り添った診療に取り組んでいきたい。

経歴

宮崎大学卒
前宮崎大学医学部附属病院産婦人科外来医長
元宮崎大学医学部附属病院総合周産期母子医療センター助教
カリフォルニア大学アーバイン校留学
元串間市民病院産婦人科医長
元宮崎市郡医師会病院産婦人科
元今給黎総合病院産婦人科
元鹿児島市立病院NICU

学会活動等

日本産科婦人科学会認定産婦人科専門医